ベルギー日記 〜 ただいま無職。ひきこもり中

2年間の日本生活を挟み、海外暮らし12年目に突入しました

バレンタインデーとチョコレートケーキ

f:id:usagi06:20190215233002j:plain

昨日はバレンタインデー。

ベルギーでは、

男性から女性に花を贈ったり、素敵なディナーに誘ったり・・・

のはずですが、うちは何もありませんでした。

そもそも、これまでうちのベルギー人にバレンタインに何かしてもらった記憶がない。

 

逆に、あえて日本流に。

私が毎年、相方大好物のチョコレートケーキを作っています。

レシピは毎度クックパッドのお世話に。

cookpad.com

 

相方によると

普通のチョコレートよりチョコレート なチョコレートケーキ

だそう。

つまりは、とっても濃厚なチョコレートケーキ ということだと思われます。

 

ケーキづくり

こういうケーキ作りとかは、日本に比べてベルギーの方が安くつきます。

生クリームが安いし、今回は使わなかったけどバターも安いし。

チョコレートも安い。

チョコレート:200g

f:id:usagi06:20190215233828j:plain

デレーズブランドの安いチョコレート。

ベルギーで作るときはいつもMilk chocolateとDark Chocolateを半々で使っています。

いろいろ試した結果、これが一番好みの甘さに仕上がる気がする。

 

生クリーム:100g

f:id:usagi06:20190215234036j:plain

これまたDelhaizeブランド。

どうやら、脂肪分30% というのは、生クリームにしては脂肪分少なめのようです。

が、「生クリーム」として食べるわけではないので、これで全く問題ありません。

 

ちなみに、脂肪分に気を使ったわけではなく、Delhaize行った時にこれが一番安かったので買っただけですが・・・

 

その他の材料

小麦粉:大さじ1

ケーキ用ではなく、普通の小麦粉を使っています。

 

溶き卵(M):2個

スーパーで買ったMサイズと書いてある卵を使いました。

Mサイズ表記があるものの、なんか日本のMサイズより大きい気がしましたが・・・

気のせい?

並べて比べるわけにもいかないので、気のせいだということにします。

 

型がない!??!

オーブンでケーキを焼くには、ケーキ用の型が必要です。

しかし!

材料を混ぜ終わった段階で、気づいてしまいます。

型がない

 

ケーキ作りは好きなので型はたくさん持っているのですが、全て船便で送ってしまったため、まだこちらに届いていません!

代わりに使えそうなグラタン用のお皿とかも全部船便。

 

仕方ないので・・・

f:id:usagi06:20190215234903j:plain

アルミホイルで即席ケーキ型。

ベルギーのアルミホイルって、絶対日本のより薄い気がする

生地を流し入れた後の安定感のなさにドキドキでしたが、無事焼きあがりました。

 

バレンタインの過ごし方

昨日は相方のご両親の家に夕飯に招待していただきました。

 

私が毎日1人で家にひきこもっていたら寂しいんじゃないか!

と心配してくれ、午後から私を家に招待してくれ、話し相手になってくれました。

ベルギーの天気とひきこもり生活がストレスになり、先週末から体調を崩していたので、気にかけてくれたようです。

やさしい。

 

f:id:usagi06:20190215235539j:plain

 

おつまみを用意してくれていたので、これをつまみにワインを飲んでダラダラ話をしていました。

 

デザートはチョコレートケーキ

仕事が終わった相方が合流して夕飯。

そしてデザートに私が作ったケーキを。

f:id:usagi06:20190215235816j:plain

即席型で作ったので、形がいびつ・異様に平べったいケーキに💦

でも、これを切り分けてみんなでつまみながら食べることができたので結果はOK。

 

ご両親にも美味しいと喜んでもらえました。

が、お義父さんが

美味しいけど、これって何が入っているの?絶対カロリー高いよね?

と質問してきました。

材料を説明すると

おーーー!!コレステロールが気になるねーー!

と。言いつつ、ケーキをつまみ続けるお義父さん。

それに同調する相方。

 

なんだよ。不満かよ・・・ せっかく作ったのに。

とブツブツ心の中で思っていたら、しばらくしてお義父さん

エクレアもあるんだけど食べない?

と言い、エクレアを出してきました。

「食べる」と即答する相方。

 

この人たち、コレステロールを気にしているのかしていないのかわからない。

まぁ「太った太った」と言いつつ、毎日ポテチを食べている私と同じようなものなのでしょう。

 

そんなこんなで、ロマンチックとかいう言葉のかけらもないバレンタインデーでした。