ベルギー人と日本で暮らす

11年の海外生活後、1年半限定の日本生活。2018年にまたベルギーに戻ります。Avicii、Party、旅行、ベルギーのことも。

日本生活6ヶ月。私たちが一番恋しいベルギー料理は?

f:id:usagi06:20170614185801j:plain

昨日、相方が会社でベルギー人の友人とランチを食べた時、

友人が「ベルギーのフリッツが恋しくて仕方ない」と言い出したそうです。

友人も私たちとほぼ同じ時期に日本にやってきました。

 

フリッツとは、フライドポテト。

英語ではフレンチフライと言いますが、ベルギーの名物料理です。

 

私たちも日本に来てもうすぐ半年。

相方は「不思議なくらい、ベルギー料理が恋しくない」と言っています。

私が毎日作るすばらしい料理のおかげでしょう! 

と、思いたいところですが、

相方「ベルギーいた頃からそんなにベルギー料理食べてなかったよね」

だそうです。

 

あまりベルギー料理が恋しくならない私たちですが、あえて選ぶとしたら何か?

という話になりました。

結果、満場一致でケバブ

 

誤解を招かないように。正しくは、ケバブはベルギー料理ではありません。

しかし、ご存知の通りベルギーはだいぶトルコやモロッコなど、アラブ系の移民がたくさんです。

そのため、ベルギーにはケバブ屋があちこちにあり、非常によくお世話になります。

帰国前にベルギー人の友人が「Best Belgian Foodを食べさせてあげる」と言って連れて行ってくれたお店も、ケバブ屋でした。

 

ベルギーケバブのすすめ

栄養バランスが取れている(と思っている)

f:id:usagi06:20170614181940j:plain

ベルギーではケバブとサラダをパンやラップサンドに挟んで食べます。

お肉と野菜をバランス良く食べれるなんて、すばらしい!

 

もちろんフリッツも食べます。

ベルギーではフリッツをケバブサンドの中に入れこともできます!

(フリッツは注文する時に、中に入れるか、別で食べるか、フリッツいらないか、選べます)

 

おいしい

本場トルコのケバブには感動しましたが、ベルギーのケバブも負けないくらいおいしいと思っています。

ドイツやイギリスでもケバブを食べましたが、ベルギーが1番!

 

やすい!

外食費用が高いベルギー。

パスタ一皿でも軽く10ユーロしてしまいます。

ケバブは4ユーロ〜6ユーロあたりが相場です。

安くてお腹いっぱいになるためには、ケバブが1番です。

 

一押しケバブ 

ちなみに、私のお気に入りはドゥルム(Durum)です。ケバブのラップサンドですね。

f:id:usagi06:20170614181953j:plain

 

ケバブ屋に行くと、メニューも見ずにDurum、Salad全部、フリッツインでオーダーします。

そして、ソースはサムライソース(好きなソースを選べます♪)。

実は、ベルギーではこの組合わせ以外のケバブは食べたことがありません。

 

 

サムライソースとは?

実は私がベルギーのケバブが1番だと言う理由は、このサムライソースにあります。

ベルギーのケバブ屋には必ず置いてあるソースです。

ドイツのケバブ屋で「サムライソース」と言ったら、通じませんでした。

 

どんなソースかというと。。。カクテルソースにピリっとチリを加えたようなソース、です。

ちょい辛ですが、辛くはありません。

ケバブとの相性は最高です。

 

このサムライソース、実は普通にスーパーで買えるようでした。

それを知らなかった私は、ケバブ屋でしか食べることのできない特製ソースだと思い込んでいました。6年間も・・・

 

スーパーで買えるのであればと、日本帰国前に1本だけサムライソースを買ってみました。

f:id:usagi06:20170614185431j:plain

 

自宅でサムライソースが食べられるなんて、幸せです。

しかも、ケバブ屋で食べるのと同じ味!

ケバブ屋の特製ソースでもなんでもなかったことが、よく分かりました。

 

サムライソースは、我が家の食卓で大活躍。

ほぼ私が使っていますが・・・

残り少なくなってきました。

 

サムライソースを使い切ってしまったら、本当にベルギーが恋しくなってしまうかもしれません。

あと1本くらい買っておけば良かった・・・

 

ベルギーケバブとサムライソース。

ベルギーに行く機会があればぜひお試しください♪ 

 

 

**こちらも応援よろしくお願いします**

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ にほんブログ村 

 国際恋愛・結婚ランキング

いつもありがとうございます☺️

**********************************************